トップ  >  CentOS  >  wgetでproxyを使用

wgetでproxyを使用

ファイアーウォール(FW)を使用している環境等で、proxy経由でwgetを外部に繋げる設定

  1. wgetを使用するユーザでログインし、ホームディレクトリ以下に次のファイルを作成する(下記例のユーザはroot)
    # vi ~/.wgetrc
    #proxy
    #http_proxy=proxyホスト名(IPアドレス):port番号
    #ftp_proxy=proxyホスト名(IPアドレス):port番号
    http_proxy=http://○○○○:8080
    ftp_proxy =http://○○○○:8080
    
  2. wgetを使用してみる。
    # wget http://●●●●/▲▲▲.zip
    --2000-01-01 00:00:00--  http://●●●●/▲▲▲.zip
    proxy.○○○○ をDNSに問いあわせています... □□□□
    proxy.○○○○|□□□□|:8080 に接続しています... 接続しました。
    Proxy による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK ←ここの部分が表示されればOK
    ・
    ・
    ・

2の操作で接続できていれば設定完了。

プリンタ用画面
友達に伝える
前
yumでproxyを使用
カテゴリートップ
CentOS
次
SELinuxを無効化

メインメニュー