トップ  >  CentOS  >  root宛メールの削除

root宛メールを削除する

root宛に届く管理メールを取り込んで無い環境で/var/spool/mail/rootに溜まったメールの削除方法

  1. root宛メールの現状把握

    コマンド: ls -l /var/spool/mail/root

    # ls -l /var/spool/mail/root
    -rw-------. 1 root mail 28514  1月  1 04:02 2013 /var/spool/mail/root
    
  2. root宛メールの削除

    コマンド: cat /dev/null > /var/spool/mail/root

    # cat /dev/null > /var/spool/mail/root
    
  3. 削除の確認

    コマンド: ls -l /var/spool/mail/root

    # ls -l /var/spool/mail/root
    -rw-------. 1 root mail 0  1月  1 10:00 2013 /var/spool/mail/root
    
  4. ※ファイルを削除しないようにrmコマンドは使用していません。
      また、定期的に削除する場合はcrontab -eコマンドを使用して定期的に削除すると楽と思います
    • 0:00に定期削除
      0 0 * * * cat /dev/null > /var/spool/mail/root
      
プリンタ用画面
友達に伝える
前
PostgreSQL8.3.5導入
カテゴリートップ
CentOS
次
lighttpd導入

メインメニュー