トップ  >  CentOS  >  SELinuxを無効化

SELinuxを無効化

CentOSでSELinuxを無効化する方法

  1. 現在の設定を見てみる
    # getenforce
    Enforcing ←Enforcingなので有効
    
  2. 設定ファイルを変更する
    # vi /etc/selinux/config
        
    # This file controls the state of SELinux on the system.
    # SELINUX= can take one of these three values:
    #       enforcing - SELinux security policy is enforced.
    #       permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
    #       disabled - SELinux is fully disabled.
    #SELINUX=enforcing
    SELINUX=disabled
    # SELINUXTYPE= type of policy in use. Possible values are:
    #       targeted - Only targeted network daemons are protected.
    #       strict - Full SELinux protection.
    SELINUXTYPE=targeted
    
    # SETLOCALDEFS= Check local definition changes
    SETLOCALDEFS=0
  3. 再起動を実施する
    # shutdown -r now
  4. SELinuxが無効な事を確認する
    # getenforce
    Disabled ←EnforcingになっていなければOK
    

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
wgetでproxyを使用
カテゴリートップ
CentOS
次
パフォーマンス分析ツール

メインメニュー