トップ  >  CentOS  >  G4Lを使用してバックアップ/リストア

G4Lを使用してバックアップ/リストアを実行する

G4Lを使用してバックアップとリストアをする方法です。
記載する環境はDHCPがない環境です。
FTPサーバがある環境がないとダメです。

    G4lを使用してバックアップ
  1. G4LのCDをCDブートする
  2. [J: bz36...]を選択する。
    g4l_01
  3. CDブートが始まる。
    g4l_02
  4. Copyrightが表示されるので[EXIT]を選択する。
    g4l_03
  5. 基本的な使い方が表示されるので[EXIT]を選択する。
    g4l_04
  6. 更新履歴が表示されるので[EXIT]を選択する。
    g4l_05
  7. 現在の作業がどうのと言ってくるので[EXIT]を選択する。
    g4l_06
  8. [g4l]と入力して[Run Program]を選択する。
    g4l_07
  9. [Yes]を選択する。
    g4l_08
  10. [RAW Mode]を選択して[OK]を選択する。
    g4l_09
  11. [Network use]を選択して[OK]を選択する。
    g4l_10
  12. メインメニューが表示されるので[B: Set IP Adress]を選択する。
    g4l_11
  13. バックアップを取るマシンのIP Addressを入力する。例は[192.168.127.128]。
    ※ブランクの場合はDHCPで取得。
    g4l_12
  14. メインメニューが表示されるので[D: Config FTP]を選択する。
    g4l_13
  15. FTPサーバのIP Addressを入力する。例は[192.168.127.1]。
    g4l_14
  16. メインメニューが表示されるので[E: Config useridpass]を選択する。
    g4l_15
  17. [-u ユーザ名 -p パスワード]形式で入力をする。
    ※例はユーザ名[username]、パスワード[password]
    g4l_16
  18. メインメニューが表示されるので[F: Config filename]を選択する。
    g4l_17
  19. [Enter]をスペースキーで選択して[OK]を選択する。
    g4l_18
  20. 保存ファイル名を入力して[OK]を選択する。例は[server1-bak.lzo]
    ※今後も保存するなら、タイムスタンプ等を付けると分かりやすいです。
    ※拡張子をlzoとしてますが、何でもいいです。
    g4l_19
  21. メインメニューが表示されるので[H: Backup]を選択する。
    g4l_20
  22. バックアップを取るドライブを選択して[OK]を選択する。
    ※例は[sda]を選択しています。
    g4l_21
  23. バックアップ内容を確認を選択して[Yes]を選択する。
    ※最終確認になります。
    g4l_22
  24. バックアップが始まる。
    g4l_23
  25. バックアップが終了するとメインメニューに戻るので[X: Reboot/Poweroff]を選択して完了する
    g4l_24

    ルータ越しにイメージ取りたい
    先日トラップにはまったところです。
    Set IP Address 部分の他にサブネットとかゲートウェイ設定する場所がないですよね
    ここがトラップだったのですが、サブネットが255.0.0.0に設定されています
    ここの時点でおわかりと思いますが
    例えば、IPが192.168.0.1と設定しているとき、FTPサーバ172.16.0.1のサーバは見えないって事です
    192.168.0.0/16にFTPサーバを設置してください

    G4lを使用してリストア ※手順はほぼ同じですが、後日追記します。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
ディスク交換→LVM拡張
カテゴリートップ
CentOS

メインメニュー