トップ  >  CentOS  >  aliasのススメ

aliasのススメ

aliasについて書いておきます

 

※自分的メモが多いですが、重要です

  • 非rootとrootユーザで実はデフォルトのaliasが違う。

    何気ないところなのですが、実は違うんです。
    実際比べてみましょう
    ○rootユーザ

    # alias
    alias cp='cp -i'
    alias l.='ls -d .* --color=tty'
    alias ll='ls -l --color=tty'
    alias ls='ls --color=tty'
    alias mv='mv -i'
    alias rm='rm -i'
    alias which='alias | /usr/bin/which --tty-only --read-alias --show-dot --show-tilde'
    

    ○非rootユーザ

    $ alias
    alias l.='ls -d .* --color=tty'
    alias ll='ls -l --color=tty'
    alias ls='ls --color=tty'
    alias vi='vim'
    alias which='alias | /usr/bin/which --tty-only --read-alias --show-dot --show-tilde'
    

    重要なのは、rootにrm,cp,mvのaliasが多い所ですね
    削除や上書きするときに確認のプロンプトを出してくれるんです。
    何が重要かというと、間違えて消した!と言うのを防げるかもしれないというところです
    ※AIXの場合はroot等にもaliasが無いため自分は手動で追加してます。

    ○追加コマンド

    $ alias rm='rm -i'
    $ alias cp='cp -i'
    $ alias mv='mv -i'
    

    これだけなんですが、これも面倒な人は次のファイルにでも書いておくと良いかもしれません。

    /etc/bashrc
    /etc/skel/.bashrc
    ※/etc/skel/の下は現在居るユーザには反映されず、新規で作成されるユーザに反映されます
プリンタ用画面
友達に伝える
前
RPMforge導入
カテゴリートップ
CentOS
次
locale追加手順

メインメニュー